ゲシュタルト療法学会のご紹介

設立趣旨

日本ゲシュタルト療法学会は日本にゲシュタルト療法を広め、豊かな社会を作り、人々が活き活きと生きるための活動をする団体です。

欧米諸国やオーストラリア、ニュージーランドなどではゲシュタルト療法が広がりを見せています。これまで日本ではあまり普及してきませんでしたが、それは二つの理由からです。1つは、ゲシュタルト療法を実際に指導できるファシリテーターが少ないこと、2つ目は、ゲシュタルト療法のセラピストを育成するシステムが整っていなかったことです。

そのため学会は、ゲシュタルト療法の発展と普及を目指した組織として生まれました。 ゲシュタルト療法に興味を持ちセミナー、ワークショップを受講したい、その活動に参加したいと希望する人は誰でも参加できます。

学会の活動は下記のとおりです。

  1. ゲシュタルト療法の大会を毎年7月に開催します。
  2. 国際的なゲシュタルト・セラピストを招待してセミナー・ワークショップを開きます。
  3. 国内のゲシュタルト療法団体、個人と連携してネットワークを築づきます。
  4. ゲシュタルト療法に関する研究活動を行い、機関誌を発行します。
  5. セラピストの育成システムを整えます。

役 員

(五十音順・敬称略)

理 事 長
室城 隆之(江戸川大学社会学部人間心理学科)
理事長あいさつ・紹介はこちら
副理事長
河村 葉子(ハートフリースペース/NPO法人ゲシュタルトネットワークジャパン)
副理事長
守谷 京子(パーソナルグロース研究所)
理 事
江夏 亮、高森 美紀子、田中 千惠子、檀野 竹美、藤原 勝、水野 賀弥乃、 百武 正嗣、森下そうこ、山本 直
国際顧問
アンセル・ウォルト(Ansel Woldt Ed.D) ケント大学名誉教授
アンセル・ウォルト
Ansel Woldt Ed.D
ケント大学名誉教授
ゴードン・ウィラー
Gordon Wheeler Ph.D
エサレン研究所長
モーガン・グッドランダー
Morgan Goodlender
サンフランシスコ
ゲシュタルト研究所理事
評議員
有村 凛、伊藤 直信、馬屋原 眞美子、岡田 法悦、小竹 広子、定行 俊彰、渋谷 祥代、 白坂 和美、陣内 裕輔、玉井 秀明、徳田 篤、中尾 文彦、中西 徹、野妻 裕美、濱 敬志、 三井 洋子、三浦 智絵、三上 道代、山本 誠司、渡辺 光俊
監 事
原 美聖

▲ページトップへ戻る

日本ゲシュタルト療法学会事務局

事務局長
田中 千惠子
事務担当
三木 智絵
会計担当
土居 千晴
所在地

〒235-0023

神奈川県横浜市磯子区森1-10-9-201

ハートフリースペース内

電 話

045-752-1759

F A X

045-752-1859

▲ページトップへ戻る